FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ついに

 キタマダラDinodon septentrionale紆余曲折ありましたが、ついに手に入れちゃいました。こいつを購入したお店に足を運んだのは今回が初めてで、フッケンオオカミヘビやLycodon synaptorらしき蛇など他にも興味をそそられる種類はいくつかいたのですが、予算の都合もありますしとりあえず以前から欲しかったこいつを押さえておくことにしました。あまり可愛い値段ではなかったですし、財布へのダメージはなかなかのものだったので...

続きを読む

青大将

アオダイショウ Elaphe climacophoraなかなかのサイズ。大きなアオダイショウは見つけるとなんだか嬉しい気持ちになる。 今年はあまり生きたアオダイショウが見れていなかったので、いつもよりテンションアゲぽよ気味で撮影をしたり触って遊んだりしていたのですが、はしゃぎすぎていたせいか、ハイキングに来ていた家族連れがこちらに向かってきていることに直前まで気付かなかったのです。私としてはあまり、蛇を扱っている所を...

続きを読む

陽気な怪魚

タウナギ(Monopterus albus?)またまたお魚ネタ。産地や入荷ルート等、詳細は分からないけど、ショップで売られていた10センチくらいの幼魚を購入し、育ててきた個体です。この魚の魅力は語ればキリがないのですが、一言でいうならヘンテコ!とにかくヘンテコ!もうなんというか全てが普通の魚とは一線を画しています。頭の先から尻尾の先まで目立つヒレはなく、パッと見は一本の棒です。(系統は全く違うものの、実はウツボ等と同...

続きを読む

岩礁爬行

八重山にてアセウツボですかね?いまいち自信が無いです。場所によっては夜間、膝丈くらいの水深でも普通にその辺に転がってたりします。こいつらは魚だから生活の場は水中ですが、濡れた岩礁の上をかなり巧みに這うこともできます。じっくり姿を観察しようと小さな潮溜まりの中に閉じ込めても油断は禁物です。しばらくはおとなしくしていてもこちらがカメラのシャッターを切ったり色んな方向から観察しようとワチャワチャしてると...

続きを読む

なんちゃって蛇

 フィールド勢、特にハペ屋さんなら共感していただけるかもですが、蛇を探してフィールドを歩いているとなんちゃって蛇というものが目に付くことがあります。 なんちゃって蛇とは木の枝やゴミ、その他色々な蛇ではないのに蛇のような形を取り、我々を惑わしてくるフィールド上の様々な存在のことを呼びます。(私が勝手にそう呼んでいるだけなのですが(笑)) なんちゃって蛇は我々に蛇を見つけた一瞬の高揚感を与えた後正体を...

続きを読む

プロフィール

切身

Author:切身
根無し草。生き物とキルミーベイベーが好きです。
使用カメラ:Nikon COOLPIX AW110、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。