FC2ブログ

記事一覧

岩礁爬行

15368411350.jpeg


八重山にて
アセウツボですかね?いまいち自信が無いです。



15368412130.jpeg


15368412530.jpeg

場所によっては夜間、膝丈くらいの水深でも普通にその辺に転がってたりします。

こいつらは魚だから生活の場は水中ですが、濡れた岩礁の上をかなり巧みに這うこともできます。

15368412870.jpeg


15368411720.jpeg

じっくり姿を観察しようと小さな潮溜まりの中に閉じ込めても油断は禁物です。しばらくはおとなしくしていてもこちらがカメラのシャッターを切ったり色んな方向から観察しようとワチャワチャしてると地形次第ではおもむろに水から陸に身を投げ出し、岩礁上を這い、あっという間に海まで逃走したりするのです。(1枚目の個体にはこの写真を撮ったあと早々に逃げ出されました。)
 そこそこの大きさがあり、浅瀬に生息する種類のウツボは潮の満ち引きによって小さな潮溜まりに取り残されたりすることもあるだろうし、こういう状況下からの脱出能力として備わっているものなのかもしれません。
あくまで主観ではあるのですが、動きを見ている限り少なくとも海の方向は分かっていると思うし多分ある程度水中、陸上、両方において地形等空間認識をしながら海を目指しているような気もします。
別の種類のウツボでも波打ち際に打ち上げられた小魚の群れを水中から自ら陸に這い上がってきたウツボがパクパクと拾い食いをしていたりするのが観察されたりしているようですし、陸上でのウツボの行動も注目してみるとなかなか面白いのかもしれません。


それにしても南西諸島の岩礁帯は楽しいです。目に入る分だけでもとにかく生き物の密度が濃い。
こうしてこの記事を書いてる間にも南西諸島への思慕の念は募るばかりでございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切身

Author:切身
根無し草。生き物とキルミーベイベーが好きです。
使用カメラ:Nikon COOLPIX AW110、OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア